北日本中心、11日明け方にかけ強風・大雪か(読売新聞)

 三陸沖で急速に発達している低気圧の影響で、北日本を中心に11日明け方にかけて風が非常に強く吹き、大雪となる見込みとなっている。

 気象庁によると、低気圧が進むのに伴い、北日本の大雪は次第に北海道のオホーツク海側が中心となり、11日昼過ぎにかけて続くとみられる。

 また山口県でも11日未明にかけてさらに20センチ程度の雪が降るところがある見込み。

 11日午後6時までに予想される降雪量は、いずれも多いところで、北海道、北陸の各地方で40センチ、長野、群馬、岐阜の各県と近畿北部で30センチ。

 また全国的に風が強まり、特に北海道の太平洋側と北陸地方では11日明け方にかけて雪を伴って風が非常に強く吹き、また伊豆諸島でも11日未明にかけて風が非常に強く吹き、海は大しけになると予想される。

<入管汚職>贈賄側に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
阿久根市の3課長「市長命令」と議会委退席(読売新聞)
「援デリ」少女、半月で35万円超稼ぐ 経営者ら逮捕(産経新聞)
堀江被告 三味線など差し押さえ「何でこんなことに」 (毎日新聞)
平野官房長官インタビュー☆4(時事通信)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-03-16 15:29
←menuへ