京都銀、1000件分の顧客情報を紛失(産経新聞)

 京都銀行(京都市下京区)は29日、顧客の個人情報を掲載した名簿と伝票の一部を紛失したと発表した。名簿には、14法人と943人の氏名、住所、預金残高などが載っているが、今のところ情報が不正に使用されるなどの問題は生じていないという。

 同銀行によると、名簿は平成14年7月に作成。同銀行が今年2〜3月に行った一斉点検作業で紛失していることが発覚した。

 内部調査の結果、誤廃棄した可能性が高く、外部への流出懸念は低いという。同銀行は「誠に申し訳なく、深くおわびする。再発防止に向けて管理体制を抜本的に見直す」としている。

【関連記事】
4400人の顧客情報盗難 千葉のココイチで
不正アクセスでモンベル顧客情報1万人流出、カード被害100人超
消える貸金業者…借りたくても借りられない
ゆうちょ銀、3万人の顧客情報を紛失
ジブラルタ生命 3665人分の顧客情報紛失 パソコン盗難

普天間県内案、閣内で阻止 社民・阿部氏、離脱否定(産経新聞)
取り調べメモ「すべて廃棄」=厚労省元局長公判で検事ら−大阪地裁(時事通信)
シエスパ爆発事故 大成社員ら2人を在宅起訴(産経新聞)
送迎バス衝突炎上、子ども数人軽傷か(読売新聞)
郵政改革の骨格発表へ=郵貯限度額を引き上げ−政府(時事通信)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-03-29 21:54
←menuへ