小沢氏の説明に期待感 「大変望ましい」 鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日早朝、元秘書ら3人が逮捕された民主党の小沢一郎幹事長が「国民の理解を得られる状況をつくる」と述べたことについて、「自身の潔白を説明し、証明したいと申しているから、そのような場が近々できれば大変望ましい。そこですべてが明らかになると信じている」と述べ、小沢氏の説明に期待感を示した。首相公邸前で記者団に答えた。

 小沢氏は20日夜、参院幹部との会合で「理解を得られる状況」について言及した。東京地検特捜部の事情聴取に応じる考えを示したものとみられている。

民主 陸山会事件の捜査長期化を懸念 小沢氏「信念貫く」(毎日新聞)
<第2次補正予算案>衆院本会議で与党3党などの賛成で可決(毎日新聞)
<寛仁さま>退院 宮内庁発表(毎日新聞)
辺野古案への反対貫く=稲嶺氏(時事通信)
日米安保改定50年 共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」(産経新聞)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-01-28 19:14
←menuへ