カテゴリ:未分類( 56 )

 龍谷大は22日、社会学部一般入試A日程(1月24日実施)で、欠席者1人に合格通知を送っていたと発表した。別の受験生が誤って欠席者の座席に着き、机上にあった受験番号を答案用紙に記入。そのまま受験して合格点に達したため、欠席者に通知が届いた。大学は欠席者を不合格、欠席扱いとなっていた受験生を合格とする措置をとった。

 龍谷大によると、2月9日に合格通知を受け取った欠席者本人からの問い合わせでミスが発覚。調査の結果、試験監督の大学職員が手元の顔写真と受験生の照合をきちんとしなかったことが分かり、職員を厳重注意処分とした。

 欠席者は二つの受験方式で出願しており、この入試1回で双方とも合格扱いとなっていた。大学は欠席者を不合格としたことに伴い、新たに2人を追加合格とした。【小川信】

検疫などインフル対策を検証へ=政府本部、厚労省(時事通信)
国立西洋美術館本館を世界遺産に! 広がる活動の輪(産経新聞)
<阪急バス>75歳女性8時間車内閉じ込め 兵庫(毎日新聞)
派遣法改正案、政府案通り諮問へ…社民ら容認(読売新聞)
<将棋>王将戦第4局 羽生、突然の開戦(毎日新聞)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-02-23 13:21
 金融先物取引会社の「東京プリンシパル・セキュリティーズ・ホールディング(旧東京プリンシパル証券)」(東京都江戸川区、野村元希社長)が、無登録でモンゴルへの投資ファンドを販売していた疑いが強まり、警視庁は19日、同社の関係先など二十数か所を金融商品取引法違反(無登録)の疑いで捜索した。

 同庁幹部によると、同社は2008年12月以降、約100人から5億円以上を集めていたといい、同庁は運用実態について調べを進める。

 発表によると、同社は08年12月から09年7月、金融商品取引業の登録をせずに神奈川県横須賀市の80歳代の女性ら3人に「モンゴルで金を採掘する開発会社のリース事業に投資すれば、出資額に応じて11〜18%の配当が得られる」などと持ちかけ、計約1200万円を集めた疑い。同社は訪問営業などで「必ずもうかる」などと勧誘していたという。

 同社は01年7月の設立。顧客に無断で営業を停止したとして、07年1月に金融庁から証券取引法に基づく業務改善命令を受けた。警視庁幹部によると、現役員の元社長は悪徳商法で社会問題になった豊田商事の元幹部社員だったという。

揺れる日本の航空・空港政策 ハブ化が停滞(産経新聞)
<菅副総理>次期衆院選前の消費税引き上げ否定(毎日新聞)
<五輪フィギュア>明智光秀らの子孫も織田選手にエール(毎日新聞)
過労で寝たきり、会社に1億9千万円支払い命令(読売新聞)
石原知事、高橋の銅メダル「まあ、銅から始めようだな」(産経新聞)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-02-22 14:39
 財団法人日本漢字能力検定協会(京都市下京区)をめぐる背任事件で辞任した前理事長の後任として、協会の改革を進めてきた鬼追明夫理事長(75)が、任期満了の3月末で退任する意向であることが18日、分かった。協会によると、13日に開かれた理事会で明らかにした。鬼追理事長は「自分は火消し役として理事長の仕事をやり終えた」と退任の理由を話しているという。

 新しい理事長は、3月末までに理事の互選で決める。

 鬼追理事長は弁護士で、日本弁護士連合会会長や整理回収機構社長などを歴任。協会をめぐる背任容疑事件で起訴された前理事長の大久保昇被告(73)の後を受け、昨年4月に理事長に就任した。

 前正副理事長時代の関連会社との不透明な取引の解消や、理事、評議員会の人事刷新、検定料の引き下げなどの改革を進めた。

【関連記事】
今年の漢字発表、清水寺・森清範貫主「新たな心で生まれ変わって」
川端文科相、漢検協会の再建「国民の期待に応えて」
漢検本部ビルの賃貸借契約を解除 前理事長側が賃料不払いを理由に
漢検、問題集などの著作権確認求め提訴 大阪地裁
個人で商標料3000万円! 「数検」理事長親子が君臨した人気検定の裏側

住宅火事、2人死傷(産経新聞)
3児死亡飲酒事故、被告と同乗者らを賠償提訴(読売新聞)
北海道教職員組合を捜索=民主・小林議員に選挙資金−規正法違反容疑・札幌地検(時事通信)
1人暮らし女性が窒息死 事件の可能性も 水戸 (産経新聞)
<特別背任容疑>パチンコ大当たり台を教え損害 元店員逮捕(毎日新聞)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-02-21 06:01
 バンクーバー五輪スピードスケート代表の高木美帆選手(15)の姉、菜那選手(17)=北海道帯広南商高2年=が3月12〜14日にロシア・モスクワで開催される世界ジュニア選手権の切符を手にした。

 美帆選手も既に世界ジュニア選手権の出場を決めている。菜那選手は14日、代表入りをかけて明治北海道十勝オーバル(帯広市)で開かれた全日本ジュニア選手権に出場。代表権は4種目の総合得点で争われ、やや苦手とする最終種目の三千メートルでは終盤にペースが落ちたが、東出俊一監督が「美帆が待ってるぞ」と叫ぶと、負けん気を発揮。自己ベストの4分25秒18のタイムで3位に食い込み、総合得点では2位に浮上して代表に選ばれた。

 15日には市役所を表敬訪問。妹から「一緒に行こう」と誘われていた舞台だけに、「目標を達成できてうれしい」と喜びを語った。17日には家族とともにバンクーバーに応援に向かう。大一番を迎える妹については「美帆らしい滑りで頑張ってほしい」と話した。【田中裕之】

【関連ニュース】
五輪スピード:高木まずまず 岡崎スタートでミス 記録会
高木美帆選手:万能15歳 サッカーも陸上もダンスも
スケート:高木美帆選手、高校推薦入試前倒し 五輪出場で
スピードスケート:初々しく意気込み 中3五輪代表の高木
スピードスケート:バンクーバー五輪日本代表19人を発表

「供述調書は検事の作文」=元局長公判で団体元会員−大阪地裁(時事通信)
<大阪府医師会長>民主支持の元副会長、伯井俊明氏が初当選(毎日新聞)
<町田市長選>小沢幹事長が応援で現地入り 逆風で危機感(毎日新聞)
「6カ国」再開へ連携確認=外国人地方参政権に期待−韓国外相(時事通信)
レセオンライン化訴訟の総括文書を採択―神奈川原告団総会(医療介護CBニュース)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-02-19 23:56
 フェースブックやツイッターなどのSNSのユーザーを狙ったサイバー攻撃が急増していることが、セキュリティー対策会社「ソフォス」の調査で分かった。それによると、SNSユーザーの57%がスパムメールを受信したことがあると回答。昨年4月に比べ、約70%も増加した。また、悪意のあるソフトを受信したことがあると答えたのは約36%で、同比約70%増だった。同社は「貴重な個人情報がSNS上で流通しており、ハッカーに狙われている」と警告している。

  

上野動物園にパンダ=11年に中国から2頭−東京都(時事通信)
小沢氏、事件に言及せず(時事通信)
前福岡副知事、ホステスへのプレゼント要求(読売新聞)
男子高生、大麻所持容疑で逮捕=同級生らと吸引か−京都府警(時事通信)
<雑記帳>ストップ温暖化『一村一品』 鳥取県北栄町が受賞(毎日新聞)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-02-18 22:42
 持参薬があることは確認したが、薬剤名を確認しなかったなど、入院の際に持参薬の確認が不十分だったため、患者の治療に影響があったケースが、2006-09年末に9件報告されていることが、日本医療機能評価機構のまとめで分かった。

 報告があった9件の内訳は、「持参薬の有無を確認しなかった」「持参薬があることは確認したが、薬剤名を確認しなかった」がそれぞれ2件、「持参薬の薬剤名は確認したが、用法・用量を確認しなかった」が5件。

 同機構が2月16日に公表した「医療安全情報(2010年2月)」によると、あるケースでは、肺炎治療のために緊急入院した患児にカルバペネム系抗生物質製剤のメロペンを医師が4日間静脈投与。退院翌日、患児に強い不穏症状が現れたため他の医療機関を受診したところ、抗てんかん薬のバルプロ酸ナトリウムを服用中にメロペンを投与したため、「バルプロ酸の血中濃度が下がり不穏症状が生じた可能性がある」と説明を受けた。

 入院時の紹介状やカルテの現病歴欄には、患児が持参薬として抗てんかん薬を服用していることが記載されていたが、担当医は薬剤名を把握していなかったという。


【関連記事】
【中医協】感染防止対策加算などを新設
看護職33人の行政処分を公表−厚労省
内服薬処方せんの記載方法を標準化へ―厚労省
「演劇とシンポ」で院内事故調のあり方を議論
医療データ懇談会提言「社会に受け入れられるものに」

社民党、石川被告は「政倫審出席を」、小沢氏は「正面から説明を」(産経新聞)
「わんこそばは心理戦」大分の精神科医が3連覇(読売新聞)
高校生刺傷で50代男聴取=徳島県警(時事通信)
12年度完全実施、先送りも=首相が言及−高速無料化(時事通信)
ほかにも十数件に関与か=痴漢容疑で予備校生を逮捕−警視庁(時事通信)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-02-17 23:09
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体を巡る事件を受け1月から事実上ストップしていた同党の参院選候補者選定が、小沢氏の不起訴処分が決まった4日以降、急ピッチで進み始めた。同党は2月末までに選定作業をほぼ終え、候補者をまとめて発表する方針。小沢氏自らが積極的に先頭に立つことで党内求心力の回復を図り、不起訴後もくすぶる小沢氏への批判を抑える狙いもありそうだ。

 小沢氏は11日、栃木県日光市で同党衆院議員の会合に出席。「今年は7月に参院の通常選挙がある。何よりも他の人の選挙の時に後援会の実力を見せてもらいたい」と述べ、参院選へ向けた活動を強化するよう発破をかけた。

 小沢氏は9、10両日も北海道や和歌山、鳥取両県の新人候補と面会するなど、精力的に地方を行脚している。候補者調整は2月中にほぼ完了させる予定で、発表する候補者数は「100人規模」(党幹部)になる見通しだ。

 同党は当初、昨年中に候補者を発表する構えだったが、東京地検の捜査の行方によっては小沢氏自身の進退問題に発展しかねない状況となったため、比例代表候補の一部を発表したほかは先送りしてきた。現職の公認予定者から「選挙準備のために早く公認を決めてほしい」との要望も党本部に殺到していたが、小沢氏が身動きを取れない中、「党本部が慌てて候補者調整に乗り出して失敗すれば小沢氏の求心力は失墜する」(側近)との懸念もあった。

 4日の不起訴処分を待って「選挙の小沢」が再起動。小沢氏は5日、自民党を離党した田村耕太郎参院議員に入党を要請し、比例代表候補として擁立する調整に入った。改選議席数が2以上の選挙区での複数擁立方針には「共倒れ」を懸念する地方県連が難色を示しているが、小沢氏は8日に石井一選対委員長と協議し、党本部主導で一気にまとめる意向を表明。参院選での単独過半数獲得を旗印に求心力の回復を狙っている。【高山祐、念佛明奈】

【関連ニュース】
石川衆院議員:離党届を提出、小沢幹事長が受理 民主党
個所付け:直轄国道、休止候補6割に予算…民主「仮配分」
新衆院議員会館:「小沢系」「非小沢系」部屋割りくっきり
鳩山首相:11日に63歳の誕生日 前祝いで苦しみ吐露
自民:「独自」に知恵絞る 参院選マニフェストの議論開始

<弁護士法違反>行政書士 無資格で示談交渉し逮捕 埼玉(毎日新聞)
<山本病院>肝臓手術経験10回以上…理事長が県に虚偽回答(毎日新聞)
競馬場から確定申告、武幸四郎らPR e−Tax約3割に(産経新聞)
選んだ蔵書でココロが“読める” 首相の本棚「外交」ゼロ?(産経新聞)
証券取引法違反 経常益62億円水増し…2容疑者を逮捕(毎日新聞)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-02-16 23:33
 「私が離党届を出したときは受理されず除籍になった」−。みんなの党の浅尾慶一郎政調会長は12日の衆院予算委で、政治資金規正法違反罪で起訴され民主党に離党届を提出した石川知裕被告(衆院議員)を引き合いに出し、「悪いことをした人は除籍にならないが」と恨み節を漏らした。

 浅尾氏はかつて民主党に所属。昨年8月の衆院選でみんなの党から出馬するため、党を除籍になった。当時、幹事長だった岡田克也外相は答弁で「公認候補がいながら離党して立候補するというので、除籍したのは当然だ」と説明したが、浅尾氏は納得がいかない様子だった。

【関連記事】
台本書いたのダレ?石川&小沢“偽装”離党で幕引き図る
石川被告離党に閣僚から評価の声相次ぐ
北沢防衛相「きちんと本人が身の処し方を定めた」 石川被告の民主党離党で
鳩山首相、石川議員離党は「熟慮重ねた重い結論だ」
石川議員 離党はけじめにならない

<救急隊誤判断>「死亡」と引き揚げ…男性、警察で目開ける(毎日新聞)
<衆院予算委>守秘義務めぐり応酬 個所付け情報(毎日新聞)
高速無料化のCO2影響試算=小沢環境相(時事通信)
鴻池運輸で情報が漏洩 中国人関与か(産経新聞)
東国原知事の公用EV、太陽光発電で動かす(読売新聞)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-02-15 22:28
 日本医師会は2月12日、中央社会保険医療協議会(中医協)が来年度診療報酬改定を答申したことを受け、厚生労働省内で緊急記者会見を開き、日医の見解を発表した。見解では、今回の診療報酬改定は「財務省主導」などと厳しく批判している。

 見解では、今回の診療報酬改定を通じて、現政権の医療政策に関する財源論が「はなはだ甘かったことが露呈された」と指摘。また、新政権が医療政策全体に対して「熱意を失っているのではないかと疑問視せざるを得ない」と懸念を示した。
 その上で、改定率が「小幅」にとどまったのは、「財務省に押し切られたため」とし、診療所の再診料を引き下げて病院と統一したことについては、「これこそが財務省が狙った配分の見直しの実現であり、あらためて財務省主導の診療報酬改定が浮き彫りになった」と強調した。

 さらに中医協人事にも言及。日医に特段の相談もなく中医協委員が内定したとして、「非常に遺憾であり、現在も納得していない」と批判。このため、今回の改定に向けた議論では、客観的立場から「もどかしい思いをしたことは少なくない」としたものの、「診療側が一致団結して、(病院と診療所の)対立構造を超越した提言を行ってきたことは評価できる」とした。一方、公益裁定に持ち込まれたことについては、十分な議論を尽くせない論点整理とスケジュール設定に問題があると指摘。特に再診料については2012年度改定に向けて充実した議論を行えるよう、体制や計画を見直すよう求めている。

 見解では問題点を指摘する一方、現政権が社会保障費2200億円の削減方針を完全に撤廃したことを評価。また、民主党が公約に示した医療費の増大についても、今後の展開に期待を寄せ、引き続き後押しするとの姿勢を示した。その上で、現政権に対し、改めて医療政策全体の長期ビジョンを示すよう要望。日医としては、2年ごとに取りまとめている「グランドデザイン」を進化させ、与野党、関係団体と医療政策について本質的、建設的な議論をしていくとした。

 会見で中川俊男常任理事は、答申に至る経緯を振り返り、「中医協の権限が大幅に縮小されたかもしれない」と指摘。改定財源の使い方や手当ての仕方は中医協での議論の結果で決めるべきだとして、あらかじめ入院と外来の改定率が決定していたことに疑問を呈した。


【関連記事】
【中医協】再診料の統一、明細書無料発行を「高く評価」−支払側
【中医協】診療側委員が改革を目指す声明を発表
【中医協】2010年度診療報酬改定を答申
【中医協】来年度診療報酬改定、12日に答申へ
「事業仕分け」WGの結論、政権公約と合致せず−日医見解

<本埜村長選>五十嵐勇氏当選…任期はわずか43日間(毎日新聞)
<塩分取りすぎ>がんなど万病のもと 厚労省が8万人調査(毎日新聞)
続投支持、参院選に全力を=小沢氏不起訴で閣僚が発言(時事通信)
【Web】ポスペがツイッターに対応 「PostPetNow」(産経新聞)
小学生の列に車、5人負傷=茨城(時事通信)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-02-14 17:01
 トヨタ自動車がハイブリッド車、新型「プリウス」のブレーキに関する苦情を受けてリコール(無料の回収・修理)の準備に入り、東北の関係者にも動揺が広がっている。トヨタ系の自動車販売店は購入者らに事情を説明するなど、不安解消に躍起。エコカーブームを追い風に、プリウスは東北の自動車販売もけん引してきただけに、イメージダウンを懸念する声も出ている。

 宮城県内のあるトヨタ系販売会社は苦情が表面化した4日、約900台の購入者と約1100台の受注者全員に電話で説明を始めた。「ブレーキ問題に対するメーカーから具体的な指示があり次第、すぐに連絡します」との内容。担当者は「お客さまの不安を解消したい」と話した。

 この会社から昨年6月に購入した仙台市青葉区の会社員男性(35)は「確かにブレーキのかかり方が遅いと感じることはあったが、慣れれば問題はない。リコールへの対応は、連絡が来てから考えたい」と語る。

 秋田県では、エコカーに対する国の減税と県独自の補助制度の効果で、昨年の乗用車の新車販売が前年比4.3%増と回復した。車種別の販売台数では新型プリウスが昨年5月からトップを“快走”している。

 日本自動車販売協会連合会秋田県支部の小松龍夫常務理事は「リコールでイメージダウンの心配がなきにしもあらずだが、信頼回復をアピールする方向に生かしてほしい」と願う。

 2001年からハイブリッド車を導入している盛岡市のヒノヤタクシーは、プリウスなど小型車約100台を保有する。新型ではないが、「乗客から『ブレーキの利きはどうですか』と尋ねられこともある」と余波に困惑している。


◎大崎で追突事故ブレーキの不具合不明

 トヨタ自動車の新型「プリウス」のブレーキが利きにくいとの苦情が多発している問題で、新型プリウスが絡んだ追突事故が1月に宮城県大崎市内であり、国土交通省リコール対策室にブレーキに関する苦情が寄せられていたことが8日、分かった。

 リコール対策室などによると、事故は1月14日午後4時半ごろ、大崎市古川の国道4号交差点で発生。新型プリウスを運転していた仙台市の男性が右折待ちしていた軽乗用車に追突した。けが人の有無は不明。

 苦情は今月3日、運転者とみられる男性から電話で寄せられ、「ブレーキを踏んだが、停止できずに追突した」と訴えたという。事故当日、大崎市古川は日中に積雪を記録し、路面は滑りやすい状態だったとみられる。

 リコール対策室は「事故の事実確認はできていない」と話している。宮城県警には、新型プリウスが関係したブレーキトラブルの情報は寄せられていない。

 新型プリウスの物損事故はリコール対策室にこれまで5件の通報があり、東北では今回の1件のみ。千葉県松戸市では昨年7月、2人が軽傷を負う事故があったとの情報があるという。


<子ども手当>群馬県内20町村 予算に負担分を盛り込まず(毎日新聞)
<天皇陛下>ノロウイルスに感染(毎日新聞)
「学校に行かせられない」=対応に不満、登校させず−小1死亡事件で逮捕の両親(時事通信)
「崖の上のポニョ」、関東で29.8%(時事通信)
集団登校の小学生に車突っ込む、5人軽傷か 茨城・小美玉(産経新聞)
[PR]
by qpfajdlnnb | 2010-02-12 23:41
←menuへ